木の家を注文住宅で建設することで、自然と共存する

街中で映える建物

窓の広いリビングとソファ

湿度を調整する役割

たくさん並んだ材木

耐震性を強化する

かわいい一戸建てと芝生

自然と生きる

風車と白い一戸建て

人間は人工物を作り、便利に使うことによって文明を発達させてきた。
エアコンや密閉力のあるサッシに囲まれていることで気づかないことも多いが、住宅の外には自然が広がっており、ふとした折に人間は自然環境の中で暮らしているのだとわかることがある。
住宅は人間を環境から守るものではあるが、同時に環境と共存するためのものでもある。
その考えを、注文住宅でも反映させようという動きが高まってきている。
特に、木の家を大手の雑貨メーカーが新しい住宅として販売したことをきっかけとして、多くの人が注文住宅でこうした木の家を作ろうとしている。

自然回帰の考え方が反映される生き方を選ぶ人が増えてきている。
長い歴史の中で、人間にとって自然は脅威で、身を守るべきものであったが、地球は宇宙に一つで、一つの宇宙船に全ての生物が乗っているのであるという考え方が提唱されはじめてからは、自然と共存する生き方が重視されてきた。
このため、個人が注文住宅で木の家を作ることで、その考えを実践することができるようになった。
今では技術も進んでいるため、木の弱点も克服した木の家を建設することもでき、注文住宅の幅が広がっている。

窓の広いリビングとソファ たくさん並んだ材木 かわいい一戸建てと芝生 積まれた丸太 家族と家のミニチュア 広いフローリングの部屋

Link

Post

積まれた丸太

木材は日本で昔から用いられてきた建築材で、日本の森林は人間の活動によって形作られてきたという歴史がある。
また、森林は自然のままに放置しておくのではなく、積極的に関わることで保護されるという特徴も持っている。

Read more..

積まれた丸太

長期優良住宅で住居を建設すれば、政府から補助金が貰えることもある。
このため、住宅メーカーでは長く住むことのできる家の研究を進め、注文住宅だけでなく、建売分譲も行っている。

Read more..

家族と家のミニチュア

フローリングは生活する上で人が最も足で触れる場所で、快適性が求められる。
フローリングには無垢の素材がよく使われているが、フローリングの素材も様々に選ぶことができる。

Read more..